スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年02月25日

【椎間板ヘルニア】手術が必要な場合

【椎間板ヘルニア】手術が必要な場合


free-illustration-doctor-gekai-irasutoya.jpg

椎間板ヘルニアで保存的治療で治らないとき、
重症はもちろん中等度の症状でも手術を考えなければなりません。


特に再発性のヘルニアと、長期にわたる慢性のヘルニアは、
手術が必要になる可能性が大きいようです。
また下肢の神経症状が進行性に悪化するようなときには、
早目に手術して神経を圧迫から救ってやるべきでしょう。

結局のところ手術が必要となる患者さんの割合は、
五人に一人、ないしは十人に一人といった程度だと思われます。

手術をするかどうかを決定するには、病気の経過、
症状の強さ、検査の結果だけでなく、精神的状態、
その方の職業の性質、家庭の環境、経済的条件など、
さまざまな因子を考慮にいれて総合的に判断する必要があります。

そのため、信頼のおける医師と納得がゆくまで十分に話し合い、
指導をうけられるのがよいと思います。

今日では椎間板ヘルニアの手術は広く普及しており、
整形外科の専門医のいる病院ならば、たいてい安心して
手術をうけられるようになっています。

ですが、やはり口コミは大事だと思います。
神経が集中している大事な脊椎部分ですので、
手術を受ける前には入念に情報を収集されることを
強くオススメいたします。

posted by ドクター咲子 at 15:50 | 健康・保険
スポンサードリンク