スポンサードリンク
スポンサードリンク

2013年11月03日

【腰痛】痛みのメカニズム

痛みのメカニズムとは



20130717100438.png


人間が痛みを感じるのは、痛みの神経が刺激されるときです。
したがって、痛みの神経がたくさんあるところは痛みやすいですし、
痛みの神経がないところには痛みがおこりません。

続きを読む
posted by ドクター咲子 at 03:36 | 健康・保険

2013年10月29日

【腰痛】ヘルニアがおこりやすい人

ヘルニアがおこりやすい人


yjimage1.jpg


同じ仕事、同じ生活をしているのに、なぜヘルニアがおこる人と
ヘルニアがおこらない人がいるのでしょうか?

続きを読む
posted by ドクター咲子 at 18:05 | 健康・保険

2013年10月25日

【腰痛】椎間板の変化と症状

椎間板におこる変化と症状の関係


ヘルニア.jpg


骨と骨の間のクッションの役割をする椎間板は
薄い線維輪でおおわれています。
その線維輪は、後方部分が薄く、抵抗の弱い部分になっています。
度重なる疲労などが蓄積していくと、この線維輪に裂け目が生じ
椎間板が飛び出し、これが椎間板ヘルニアを発症するのです。


続きを読む
posted by ドクター咲子 at 17:05 | 健康・保険

2013年10月11日

【腰痛】年齢別でみる腰痛の原因


年齢別でみる腰痛の原因



20120228_624851.jpg



腰痛を引き起こす病気は年齢とともに変わっていきます。

椎間板ヘルニアなどは20代〜30代にもっとも多く、
次いで40代、10代でも発症します。
腰痛症と脊椎分離症も同じく上記の年齢順におこります。


続きを読む
posted by ドクター咲子 at 23:33 | Comment(0) | 健康・保険

2013年10月09日

【腰痛】椎間板ヘルニアが20〜30代に多いのはなぜか


【腰痛】椎間板ヘルニアが20〜30代に多いのはなぜか


ILM19_CA02014.jpg


椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間で
クッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、
組織の一部が飛びだすことをいいます。


続きを読む
posted by ドクター咲子 at 00:25 | 健康・保険
スポンサードリンク